実はピアスしたことがない件

夜の仕事をしている人は派手な人が多いです。大半の人がピアスしていると思います。

若い人だとしていない人はいないのではなのでしょうか。

しかし、私は夜の仕事をいていたのにかかわらずピアスをしたことがありません。

髪を金髪にしたり、カラコンなどはやっていました。

 

確かに穴をあけるとき痛いのが無理だということもります。それ以上に私は

 

 

重度の金属アレルギー

 

 

という最大の弱点があり、金属を身につけて少しでも汗をかくと皮膚が赤くなってしまいます。そこからメチャメチャ痒くなります。

 

私がよく発生する症状としては、まず、ベルトの金具でお腹が痒くなります。腕時計をすると時計の裏と留める金具で2か所痒くなります。

 

これ治らないのかな・・

 

したがって、ピアスに留まらずタトゥーもすることができません。

(タトゥーはデメリットばかりだからしないけど)

 

電気シェーバーもだめでした。(普通のカミソリはOKです)

 

 

金属アレルギーの秘密兵器

 

 

金属アレルギーの人が身につけてもアレルギー反応を起こさない金属

 

そう、チタンでございますね。

 

ならチタンをつければいいじゃん!

 

しかし、そうはなりません。

 

チタンにも種類があり、チタン合金と呼ばれるものがあります。

チタン合金はアルミニウムやクロムなどが混じったチタンのことでして、このチタン以外の金属が炎症を引き起こしてしまいます。

 

 

純チタン(100%に近い精度のチタン)を使用することで回避は可能かと思われます。

 

 

でもしかし、世の中そんなに甘くはありません。

 

 

チタンに反応する人もいます

 

チタンに反応してしまう人がいます。

ゆえに私がチタン製のピアスを購入できなかった理由になります。

 

ネックレスは炎症を起こしたときの痒みが本当に恐怖なので試していないです。

 

というか、もう無理して試さなくていいやっていう領域に入りました(年を取っただけともいう)

 

金属に反応するテスト(パッチテスト)ができる皮膚科もあるそうです。

 

よし、気が向いたら皮膚科に行ってみよう!

(調べたらちゃんと献血できるみたいだった) 

 

 

 

 

最近ピアスを開けてみたい欲が強いです。

 

 

 

 

 

・プライバシーポリシー

・お問い合わせ

Copyright© 藤井歩向のブログ , 2021 All Rights Reserved.