時計の読み方がわからない子供に対する指南

先日、今春から小学校1年生になる姪が我が家に遊びにきました。

家でゲームしたいとのことで、弟夫婦は先に家に帰り私が夕飯後に姪を弟夫婦の家に届けることになり、一緒のマリオのゲームを遊びました。

 

 

 

時計を読めない!?

一緒にご飯を食べながらいろいろ話したのですが、話してる内容に違和感を感じました。時計を指差して短い針が7のときに保育園終わると言うのです。

 

もしかして時計が読めないんじゃないかと思い、今何時何分?と訊いてみるとやはり答えることができませんでした。来週から小学生なのにこれだとまずいと思い、時計の読み方を教えます。小学校1年生の授業で時計の授業はあるみたいですが大抵の1年生の子達は入学時点で時計を読めるのではないかと思います。

 

自分は小学1年生の頃EPSONのPC98互換機で文書を書いて印刷してたくらいはしてたので不安になります。

 


 

姪にはまず、アナログ時計の読み方を教えました。

短い針は数字を見て時、長い針は小さい点の位置を示していて分を指すこと。60分で1時間であること。

 

教えてはみたのですが覚える気が無さそうでしたので理解してくれませんでした。

だとしたらどのようにこの子に時計の読み方を教えたら良いのかを考えました。

 

時計を読むための必要条件

 

まず、必要条件として

 

  • 数字の文字を読むことができる
  • 100まで数えることができる

 

上記2つはクリアしているようでした。

一緒にマリオしたときに出てくるひらがなの説明を音読させていたのですがひらがなとかたかなはバッチリでした。(意味は理解してなかったけど)

 

子供のやる気がないときの対処法について

 

本人は時計を覚える気はありません。説明すると嫌がります。嫌がるなら興味を持たせろ!です。時間制限のあるゲームをやらせてみるのもいいかもしれません。

 

興味を持たせろと言っても、必ずしも子供が親の期待した通りに興味を持ってくれるとは限りません。教えたくないのに、以前述べたように子供に無理矢理勉強しろと言っても良い影響は得られません。

 

じゃあどうやって覚えさせるといいの?

 

私なりに考えた結果、これは良いと思う案を思いついました。

 

慣れさせればいいだけです。

 

慣れさせるとは言ってもどうやって?

とりあえず最初に基礎的な部分を教えます。私が教えた際には嫌がられましたが。これで第一段階クリアですね。

 

次の段階は1日1回子供に今何時?と尋ねます。答えられないようであれば時計の短針と長針を指差して今は◯時◯分だよと説明するだけです。1分程度で終わるので子供もストレスを受けません。慣れてきて、求めている以上の答えが返ってきたときは褒めるといいですね。

 

何歳になっても褒められるのは嬉しいもので褒めるとやる気がでます。私が小学生2年生の頃はよく褒められていたのて凄く勉強もできました。

 

私が小学校1年のときに褒められなかった理由はこれ

kocoro.info

 

 

とはいえ、時計を読めない姪と当時の私を比べるのはナンセンスです。姪には自分が幼稚園のころは読めてたとは言いません。

 

やはり自分から興味を持ってもらえるのが一番学習効果がでます。例えば勉強嫌いだけど三国志のゲームは好きで世界史の中国の歴史はとても得意な人がいますよね。それと同じです。

 

 

まとめ

時計の読み方は生きていて必要なことです。

授業で時計を習う前でも恐らく先生は「◯時◯分に」という言葉を多用すると思うので、先生の指示を正確に理解できるようにしておきたいですね。

 

もし、時計を読めない子がいたら教えてあげることもでき理解度も深まります。

私も普段毎日勉強してますが勉強って楽しいですよね

 

学生の頃、私は勉強が吐くほど嫌いでしたが。理由はコチラ

kocoro.info

 

 

今回は慣れさせるという手法で時計を理解させようとしました。でもこれは勉強にも応用できる素晴らしいテクニックなのです。習慣というものはやり始めてから習慣化するのにおよそ66日かかるそうです。ハードルの高くやることを設定すると長く続きません。

 

小学校に入ったけど勉強が嫌いで勉強してくれない。

そんな子供には魔法の言葉があります。

 

1日5分勉強したらゲームしていいよ。

 

物事には褒美が必要です。例えばビジネスを学んで実践すると報酬という褒美が得られます。そのために頑張り続けることができます。

1日5分の勉強もストレスにならない範囲ですので慣れてしまえばもっと勉強してくれるはずです。学校で習ったこと覚えていないことは気持ち悪いみたいな感じになると完璧ですね。

 

 

時計の覚えるためにも習慣化して慣れさせていくほうが心身共に健康的に学べると思いますので、姪に会う度に今何時何分?と問いかけてみようかと思います。

 

どのような結果になるのか楽しみです

 

 

時計は電波時計派です!正確に時刻がわかるので通勤通学時に安心! 

 

 

・プライバシーポリシー

・お問い合わせ

Copyright© 藤井歩向のブログ , 2021 All Rights Reserved.