初めてメリカリをしてビビりながら出品をしてみた話

メルカリというフリマアプリを最近使い始めました。

メルカリの他にもヤフオク、ラクマ、PayPayフリマなどなどたくさんフリーマーケットのサイトやアプリがありますが、一度も使用したことがありませんでした。

やってはみたかったもののなかなか面倒くさがりなので開始できずにいました。しかし、最近は学んだことは即実行するように心掛けているためすぐに実行しました。

 

 

 

メルカリを始めたきっかけ

私がメルカリを始めたきっかけは、母が仕事を辞めたことです。

母は仕事を辞めてから軽い掃除や炊事洗濯など主婦業をして、暇な時間はネット配信の動画をみているような生活でした。

しかし、ネット動画を観るのも飽きたのか、物置としか使っていない部屋の断捨離を始めたのです。捨ててよいものかどうかを私に判断させるために私の部屋に物置部屋にあるものを大量に私の部屋におきっぱしにします。

その中で、要らないけど捨てるのが勿体ないものが大量にでてきたのがメルカリを始めるきっかけにでした。

 

メルカリのアプリを起動していきなり出品

メルカリのアプリ自体は以前から入れていました。いつかやろうと思っていたので。

必要な情報は既に入力済でしたのでいつでも取引できる状態でした。(本人確認はやってなかったです)

 

とりあえず出品用の商品の写真を撮りました。

 

f:id:merusweetkiss:20210330222013j:plain

アプリの画面のカメラのマークの「出品」を選択し、アルバムを選択

 

商品バーコードを読み込むことで商品説明を自動で入力してくれたりで凄く便利でした。

値段が一番悩みポイントで、出品側が送料込みで配送するので配送料金を考慮しなければいけません。売りたいものが相場や、梱包材のサイズなどを調べる必要がありました。

値段は後から変更可能みたいだったのでまあ焦らずやります。

 

配送方法はいちいち出品者と落札者の住所氏名を教えあうのは嫌でお互い匿名にしたいため、

大抵、匿名配送可能なゆうゆうメルカリ便らくらくメルカリ便にすると思います。

 

f:id:merusweetkiss:20210330222931j:plain

ゆうゆうメルカリ便は日本郵便で運営していて主に郵便局とローソンで発送する場合に使います。

らくらくメルカリ便はヤマト運輸で運営していて主にヤマト営業所とセブンイレブンやファミリーマートで発送する場合に使います。

 

私の家から最寄りのコンビニがローソンだったのでゆうゆうメルカリ便にしました。

発送方法を入力したので最後に細かい必要情報を入力して「出品する」のボタンをタップ!

 

これで終わり。超簡単でした。今までビビってた自分が恥ずかしいです。

 

f:id:merusweetkiss:20210330230124j:plain

アプリのホーム画面の右上のチェックでやることリストが表示されるので出品した際に次にやるべきことを表示してくれる親切設計でした。

 

 

発送方法についてもYouTubeで詳細に説明していたのでたぶんバッチリかと。

まだ売れてないので売れるのが楽しみです!!

その前にもう数品出品してみようかなと思います。 

 

 

時間を有効に使いたいので効率よくメルカリで取引する方法を学びたいと思います。 

 

 

 

・プライバシーポリシー

・お問い合わせ

Copyright© 藤井歩向のブログ , 2021 All Rights Reserved.