つけ麺は邪道という認識は解せない

皆さまはラーメンはお好きでしょうか?私は大好きです。

私はラーメン好きということからラーメン屋でいろいろお店の内容を学んだことがあります。

 

私の師匠のラーメン店は東京ラーメンショーにでたり、テレビにでているくらい凄いです。今や私にとって雲の上の存在です。(たまにLINEしてるけど)

 

f:id:merusweetkiss:20210403100104j:plain

 

表題のとおり、ラーメン好きの人がつけ麺は邪道と感じている人が一定数いることが残念でしかたありません。ですが、そのような考えをもつ人たちに私の考えを押し付けようとは思っておりません。

本記事でこうゆう考えもあるんだよと思っていただけると幸いです。

 

ラーメンの定義って?

f:id:merusweetkiss:20210403101200j:plain

皆さんはラーメンの定義って知っていますか?

具体的にコレという回答はないのですが、麺に冠水が含まれているか否かが私の中では基準となっています。

 

簡単に説明すると、ラーメンのスープに冠水が入っていないうどんや蕎麦の麺をぶっこまれているのを想像してみてください。

これって?ラーメンですか?うどん・蕎麦ですか?

 

つけ麺の麺には冠水が使われております。ゆえに、食べ方はラーメンと違えどラーメンの分類には入ると私は思っております。

 

つけ麺の特徴

 

つけ麺は基本的に、酸味と甘みがラーメンより強いです。

各お店によって酸味が強めのつけ麺と甘みが強めのつけ麺のパターンがあります。

まだ1度しかつけ麺を食べたことなくてそのつけ麺が酸味強めで苦手だったという人は損をしていると思います。私の知り合いでも酸味強めのつけ麺を食べて苦手意識があったけれど甘み強めのつけ麺を食べてつけ麺が好きになったという人もおります。

 

つけ麺の名店では甘めのつけ麺が多い気がしますね。

甘みの強いつけ麺は動物系の出汁が使われていることが多いため、業務用スープでは味の再現が難しいと思われます。

 

つけ麺を邪道という人はよく「つけ麺は食べてて薄くなるじゃん」っていう意見が多いです。

 

私から言わせると

 

薄くならないつけ麺なんて食えたもんじゃねえ!

 

と、声を大にして言いたいです。

 

それにはしっかりとした根拠もあります。

 

私がラーメン屋で修行(?)しているときまかないを自由に作っていいよと言われ作りました。そのお店はつけ麺が美味いと人気で私もそのつけ麺が大好きでした。

 

いちいち麺をスープに漬けるのが面倒くさいと思ったので、ラーメンのどんぶりにつけ麺のスープを入れそのままつけ麺の麺もぶっこんでラーメンの食べ方の中身つけ麺というラーメンを作りました。

 

食べてみると・・・

 

最初は美味しいけどすぐ飽きがきてしまい完食できない!!

 

という現象が起こってしまいました。

酸味・甘みが強いスープは最初とてもおいしいです。しかし、飽きがとっても早いです。それをスープに麺を漬ける行為によって緩和しているのだと理解しました。

 

私は濃い味が好きなのでつけ麺のシステムを理解してものすごく感激しました。

ラーメン屋修行してて良かった!

 

まとめ

 

  1. つけ麺は冠水が入っているためラーメンに分類される
  2. つけ麺のスープは甘み・酸味が強くそのまま食べると飽きやすい
  3. つけ麺のスープに麺を漬ける行為で飽きを緩和できる

 

つけ麺って素晴らしいアイデアの元に誕生しているって思いませんか?

ただむやみにつけ麺を否定するのではなく、つけ麺は味が濃いスープでも飽きずに食べられるように工夫されたラーメンなのです。

つけ麺に抵抗がある人もチャレンジしてみてはいかがでしょうか。行列ができているようなお店でつけ麺を食べてみると考え方がかわると思いますよ!

 

 

記事を書いててつけ麺を食べたくなりました・・・

↓使用したラーメン画像のお店です

 

・プライバシーポリシー

・お問い合わせ

Copyright© 藤井歩向のブログ , 2021 All Rights Reserved.