落とし物を発見したらすぐ警察に届けよう!

f:id:merusweetkiss:20210501213551j:plain


 

先日、父が財布を紛失しました。

詳細記事はこちら

kocoro.info

 

結果としては見つかったのですが、

 

父曰く、「見つかっても嬉しくなかった

 

 

警察から連絡がきたのが紛失から2週間後だった

 

見つかっても嬉しくなかった理由としては以下の点です

  • 紛失してから2週間後だった
  • カード類を再発行したため手数料に1万円くらいかかった
  • 通常なら紛失物発見後最低でも2~3日以内に届けるのが普通
  • 大金が財布に入っていなかった

 

という点でした。

 

警察への連絡が遅れた理由を推測

発見場所は、お寿司屋さんでした。

父と母と私で3人で行ったのですが、テーブル席で私と母が隣に座り父が向かいに座っており、店内入口の手前側に私と母が座っていて気付けませんでした。お会計の支払いは母がしたので父は財布をだす必要がないためお会計で気付くことはありません。

 

父がその紛失先のお寿司屋さんに憤慨しておりました。

確かに一番悪いのは財布を落とした父なのですが、何故お寿司屋さんは2週間も財布を放置していたのでしょうか。スーパーなどで働いている親族に聞いてみると遅くても翌日には届いているとのこと。

 

いくらゴールデンウィークで繁忙期とはいえ、2週間放置はさすがにないと私も思います。お寿司屋さんもお昼から夕方まで中休みがあるため、警察への連絡は容易かと思われます。

 

次に考えられるのはチェーン店であったため、従業員のほとんどが責任をとる立場ではないということでしょうか。パートのおばちゃんが店内スタッフをしているため、紛失物を発見してもただ上司に報告するだけ。私もバイトの立場であればおそらく私もそうすると思います。そして、報告した上司に任せっきりにすると思います。

 

ゆえに放置になる可能性が高い

 

その件があり、父はお寿司屋さんのチェーン本部にクレームを入れていました。一応非は父にあることを伝えた上で次からはこのようなことがないようにしてくださいと注意喚起する程度で、賠償しろだとかモンスタークレーマーのような行為はしていません。

よく家族で行くお寿司屋さんですので父もどの店舗であったことかは本部には伝えませんでした。次行くときにクレームいれる人という目で見られたくないためです。

 

もし、すぐに警察に届けてくれたのであれば、警察のサイトで遺失物を確認できます。免許証も入っているため連絡も容易でした。

 

父の財布がないということで、私は山の中まで散策されて気疲れするゴールデンウィークを過ごすことになってしまいました。原因は父ですが。

 

クレジットカード等のカード類も全て再発行申請済で既に届いておりました。財布の中にお金があまり入っていなかったのでカード類の再発行の手続きも完了しており警察から連絡がきた時点で既に何枚かの再発行したカードが到着しておりました。

再発行もタダではないのです。

手数料は取られるは免許証の番号に数値が追加されるわで父も踏んだり蹴ったりでした。

 

 

何度も言いますが一番悪いのは父です

 

 

紛失物を見つけたらすぐに警察に連絡しよう

紛失物を見つけたらすぐに警察に連絡しましょう。

自分のものを紛失してしまうと不安になり、そのことばかり考えてしまい物凄く時間も浪費してしまいます。本当にもったいないです。

 

紛失物を見つけた場合、持ち主のことを考えてみてください。今頃凄く焦っていたり困っているんだろうなと拾った側も悲しくなってしまいます。

 

私も何度か警察から落とし物の連絡を受けており今でもとても感謝しております。そのため、この恩を返すべく私も遺失物を発見した場合は警察まで届け出るように努めています。

 

 

遺失物の対策

父は何も落とし物の対策をしていないため、やはり父の財布にTileを仕込むか考え中です。

 

これはBlueToothを使用してスマホで位置で最後にアクセスした場所をマップで表示できる神アイテムです。もちろん音をだしたり、逆にスマホを探し出せたりします。電池もボタン式のものを交換できるため何度でも使えます。

なので、これを今度父の財布に仕込もうと思います。

親のスマホのBrueToothの設定もして、親がどこにいるかも分かるのでそれはとても便利そうです。

既婚の方は浮気調査にも使えそうですね(汗)

但し、ストーカー行為には使用しないでください!!

 

まとめ

紛失物を発見した場合はすぐに警察に届けましょう。警察に届けることで遺失物のサイトで確認できたりするので、紛失してしまった人に安心感を届けることができます。

 

また、Tileなどで対策や連絡先等を書いておくことでかなり早く見つけることができると思います。備えあれば憂いなしなので万が一に備えてきっちり対策することを強くオススメいたします。

 

落とし物したときってそのことしか考えられなくなって辛いですよね

 

 

・プライバシーポリシー

・お問い合わせ

Copyright© 藤井歩向のブログ , 2021 All Rights Reserved.