マツダのスカイアクティブエンジンの魅力とは!燃費と走り性能の両立が可能

f:id:merusweetkiss:20210707213627j:plain

私の車の車種はアクセラなのですが、スカイアクティブエンジンを積んでいます。

スカイアクティブエンジンは素晴らしい技術で作られているため、その魅力を紹介していきたいと思います。

 

スカイアクティブエンジンとは

マツダが開発した圧縮比14を実現し、これ以上エンジンだけで燃費効率を上げられないといわれていた常識を覆し世界中の技術者が驚いたくらいです。

 

火炎が球状に広がるピストンにより、火炎核がうまく広がることにより燃焼速度が改善されノッキングが改善されます。

 

最新のMAZDA3、CX-30ではSKYACTIVE-Xが採用されており、

ガソリン用のSKYACTIV-G、ディーゼル用のSKYACTIVE-Dと種類があります。

 

 

スカイアクティブエンジンの特徴

スカイアクティブエンジンには様々な特徴があります。

 

燃費がハイブリッド車並に良い

燃費が良くハイブリッド車と同じ燃費で走行することができます。

 

ハイブリッドではなため車体が軽い

燃費だけを考えた場合、「じゃあハイブリッド車でいいじゃん」となってきますが、素ハイブリッド車と比較して軽量であるという特徴があります。

 

軽量化されているため運転性能が高い

軽量化されるということはハンドリングやアクセル、ブレーキなどの操作感が滑らかになります。

 

操作感が良いということはつまり走っていて楽しい!とうことに繋がります。

私も自分のマツダ以外の車をのることが多いですが私の車が一番走っていて楽しいです。

 

ハイブリッド車と比較して生産コストが安い

ハイブリッド車と比較して軽量化されるということは車体に積んでいるものが少ない。つまり、物が少ない分生産コストを抑えることができます。

 

アクセル踏み込み時ガソリンの消費を抑えることができる

通常のエンジンであればアクセルを踏み込むと燃費効率が悪くなってしまうところ、圧縮比14の強みとしてアクセル踏み込み時のガソリン消費量を抑えることができます。

 

 

最新のSKYACTIV-X

SKYACTIVE-Xは従来のスカイアクテブ(SKYACTIV-G、SKYACTIVE-D)の改良版です。

ガソリンエンジンとディーゼルエンジンのいいとこどりというマツダの独自の燃焼方式SPCCI(SPARK CONTROLLED COMPRESSION INITION)火花制御式圧縮着火を採用されており、ガソリンエンジンの特徴としてスパークプラグで火球をつくり、ディーゼルエンジンの特徴として同時多発的に素早く燃焼します。

 

エンジンもカプセル化されており、従来のスカイアクティブの車と比べ騒音と振動の面で優れています。

 

燃費、パワー共に優れていますがまだ搭載されている車種が少ないのが難点ですね。

 

マツダ車の魅力

f:id:merusweetkiss:20210707213723j:plain

マツダは今では生産されていませんがロータリーエンジンなどの独自のエンジン技術が素晴らしい会社です。

走りに拘るのであれば是非おすすめしたいメーカーです。

 

一般人が手に入れられる車としてはとても質感が高いです。一般人が手に入れられる高級車と言っても過言ではないでしょう。

MAZDA3のデザインは素晴らしく2020年のワールドカーデザインオブザイヤーを獲得しているくらいです。

さらにMAZDA3とCX-30はワールドカーオブザイヤーに最終選考に残るくらいに優れている車です。

 

 

マツダコネクトも改良されてかなり使い勝手が良くなっております。ですのでマツダコネクトのせいでマツダ車の購入を控えている人も安心して欲しいです。

 

マツダ車は欧州で人気があります。欧州ではAT車(オートマチック車)は車の運転が下手な人が乗る車という風習がありMT車(マニュアル車)率が高いです。

そのことによりマツダの車はMT車を選択できる場合が多いです。走りが好きな人にとってMT車は魅力的で私も以前はMT車に乗っておりました。

 

MAZDA3は1人でドライブを楽しむというイメージが強いので家族などで大人数で乗る場合には不向きかもしれません。

 

 

 

まとめ

私もSKYACTIVE-G搭載の2016年製のアクセラ(ソウルレッド)に乗っています。

アクセラの後継のMAZDA3に比べてしまうとやはりMAZDA3が欲しくなってきてしまいます。

 

私のアクセラは特にデザインかっこよくてメチャメチャ好きです。デザインで比較すると今のMAZDA3より今乗っているアクセラのほうが好きです。

デザインに関しては2世代前くらいではマツダは迷走していましたが、今は方向性が定まりかっこいいデザインの車をたくさんだしている印象です。

 

現在のマツダ車は女性の評判もいいです。しかし、私の親や家族は身長が高すぎるので家族からは中が狭いとか乗り辛いと不評です(涙)

 

個人的に購入して失敗したことは4WD車ではなくFF車を選んでしまったことです。

4WDでなければミラーヒーターなどの雪国仕様ではないらしく、私は雪国住みですので雪がなかなか溶けなかったりで苦労しました。

 

デザインも気に入っており、走りもめちゃめちゃ楽しくて自分としてはとても満足度が高い車です。

 

マツダ車歴13年目ですのでこれからもマツダを応援していきたいと思います。

 

走りの楽しさを追求するならマツダですね

 

 

 

 

・プライバシーポリシー

・お問い合わせ

Copyright© 藤井歩向のブログ , 2021 All Rights Reserved.